犬の躾(しつけ)について

この特集では、犬の躾(しつけ)について紹介したいと思います。

タイトル 内容
Step1 犬の躾(しつけ)とは 犬の躾(しつけ)とは、人間と犬が一緒に生活していくうえで必要なルールを覚えると言う事です。 続きを読む
Step2 飼い主の躾(しつけ)に対する心構え 愛犬の躾(しつけ)を行う上で、最も重要なことは愛情をもって愛犬に接することです。 続きを読む
Step3 躾(しつけ)の基本動作 続きを読む
Step4 犬の「問題行動」を知るのがしつけの第一歩! 続きを読む
Step5 食糞(フン) 食糞とは、自分が排泄したうんちや、他の犬や他の動物のうんちを食べる行為のことを言います。食糞は、特に子犬や、育児中のメス犬によくみられます。 続きを読む
Step6 トイレトレーニング 屋内飼育の場合、トイレの躾はとても重要です。
トイレトレーニングは、子犬をご家族に迎えたその日から行ってください。
続きを読む
Step7 夜鳴き 子犬を迎えてから数日間飼い主さんを悩ませるのが「夜鳴き」です。夜鳴きの主な原因は、親兄弟姉妹犬と離れてしまったことによる孤独感や寂しさ、環境の変化による不安などです。これらは子犬にとってストレスとなり、夜鳴きをしてしまうのです。このストレスを軽減してあげることで、夜鳴きも軽減したり、早期に収まるようになります。 続きを読む
Step8 信頼関係の構築 本格的な躾(しつけ)を行う前に、飼い主さんと愛犬の間に信頼関係を構築しましょう。しっかりとした信頼関係が構築されていると、躾を行う際にグ~ンと楽になります。 続きを読む
Step9 子犬の基本訓練 飼い主さんとの主従関係が出来ていない子犬の場合、自由に動き回れるように放すと自分の好きな方向へ行こうとします。この訓練をすることで、飼い主さんとの主従関係が構築され、子犬が常に飼い主さんの近くへやってくるようになり、この後行う訓練がやりやすくなりますので、根気よく行ってください。 続きを読む
Step10 「ツイテ」歩く練習 お散歩デビュー前に、屋内で歩く練習をしておくと、お散歩デビュー後のトレーニング(リーダーウォークなど)が楽になります。ここでは、「ツイテ」歩くための練習方法をご紹介したいと思います。 続きを読む
Step11 リーダーウォーク リーダーウォーク(主導的歩行)とは、リード(引き綱)を張らない状態で、愛犬が常に飼い主さんの脇(通常は左側)をついて歩く状態のことを言います。 続きを読む
Step12 リーダーウォークの訓練 リーダーウォークを教えるためのキーワードは、「止まって」、「方向転換」です。 続きを読む
Step13 拾い食い 犬が興味のある物を舐めたり、かじったり、くわえたりすることは、自然なことであり異常なことではありませんが、習性なのだからと言って許していると誤飲や誤食の原因となってしまいます。それに、腐ったり、病原体に感染しているものを食べるとお腹を壊す原因となってしまいます。思わぬ事故や怪我を防ぐためにも、しっかりと躾をしてあげてください。 続きを読む
Step14 引っ張り癖 引っ張り癖とは、愛犬がリード(引き綱)を引っ張って飼い主さんよりも先を歩いたり、飼い主が愛犬の好き勝手に行きたい方へ引っ張られている状態のことを言います。 続きを読む
Step15 マーキング 犬のマーキングとは、「うんち」や「おしっこ」をすることで臭いをつけて、自分のテリトリー(縄張り)であることを主張する行為です。一般的にメス犬よりもオス犬のほうがマーキングをすることが多いようですが、メス犬でもマーキングをする子もいます。 続きを読む
Step16 唸る 続きを読む
Step17 無駄吠え 続きを読む
Step18 マウンティング 続きを読む